気付いたらいつの間にか節約

スポンサーリンク
お金 生活
スポンサーリンク

手元にお金があると「まだ大丈夫。」と安心して使ってしまうタイプです。

なので、極力わたしの前からお金を消さないといけません。

 

我が家の場合、諸費用が引き落とされる口座がいくつかある為、給料が入るとそれぞれの口座にお金を振り込んでおく必要があるのですが、その金額を引き落とされる金額よりも気持ち多めに振り込んでおくんです。

 

例えば24500円だったら25000円を振り込んでおくとか。

 

そうやっておくと、知らず知らずのうちに引き落とされた金額の端数分だけがいつの間にか貯金されることになるので、数年立つと結構な金額になっていたりするのです。

 

 

月にいくらくらいの節約になる

6000円~10000円

 

やって良かった点、悪かった点

 

良かった点としては自分では節約しようというつもりなく貯まっていくので、苦にならないところです。

 

また、その月によって支払額が変わったりするので振込み金額も変わってくる為、その月にどのくらい端数のお金が貯金に回っているのかも分からないので楽しみの一つにもなります。

 

あとは基本的に私は面倒臭がりなタイプなので、手元のお金が足りなくなるかも?となった時でも、いくつにも分かれてしまっている口座からお金を引き出しに行くのも面倒なので、どうにか手元に残っているお金でなんとかしようとするので割りと一石二鳥かなと思っています。

 

悪かった点としては毎月決まった額が貯金できるわけではないので、確実にいくら節約したいという人にはお勧めできないかなと言う感じです。

 

節約術を続けるためのコツ

 

やはり節約は無理をしないことだと思います。

 

私も以前そうだったのですが、節約しようと無理をすればするほどストレスが溜まってしまって、ある日急に衝動買いしてしまったりして今までの節約が意味をなさなくなるということがありました。

 

節約はある程度、心にゆとりを持って楽しみながらが良いと思うので「今月はいくら節約しよう」なんてガツガツせずに、いつの間にか・・・と、緩い感じで続けていくのが一番良いように思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
節約ちゃんねる
タイトルとURLをコピーしました