ムダやもったいないをなくすことを楽しく

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

どのような方法で生活費を節約したか

自分が「ムダだな」「もったいないな」と思う行動や物を見つけて、変えていけるように動いてみました。

はじめの一歩として、自販機で飲み物を買うことを自制しました。

同世代の方を見ていると毎日自販機やコンビニで買っている姿に驚きました。

そこまで頻繁に買っているわけではなかったですが、もちろん美味しいものはいっぱいあるので買うときもあります。

ただ、コンビニではなく、スーパーで買ったり、日常においては水筒持参にしました。

またオーソドックスですが、光熱費についてはお風呂の残り湯、シャワーでお湯まで変わるまでの水を貯めて洗濯にまわしています。

電気も電球4つつけるところを2つだけでつけています。

冬はできるだけエアコンを使わず、ストーブで上にヤカンを置いてお湯を沸かし保湿も行いつつ部屋も温めるようにしてました。

月にいくらくらいの節約になったか

特に水道代に関しては200円ほど下がったときもあったかと思います。

電気代は、エアコンを使ってた時よりも電気代を気にして行動したことで600円近く同じ冬でも抑えれたときもありました。

 

その節約術をやって良かった点、悪かった点

お風呂の残り湯等については続けていると一滴も逃したくないという思いが芽生えて、いかに無駄な水を捨てないようにできるかという勝負感で楽しくなります。

洗濯に回す水については、目に見えて洗濯に使う水が減るので水道代を見て嬉しいです。

ただ、すすぎのときも余りの水を使うことがあるときは、洗濯機の時間を気にしていなければいけないのと、ホースではなくバケツから入れるときには周りに水が飛び散るのが残念です。

改善の余地ありです。

またエアコン等の電気代について気をつけているときは、特に冬と夏場は我慢大会になるので、一ヶ月終えて電気代を見るのは楽しみですが、体調を崩してまでやりすぎるのは結果的に続けられないかなと思います。

続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

周りを見渡してみると、物に溢れて便利さとともにムダも絶対多くなっているはずです。

「もったいない」の意識を強く持ち始めたときに多くのムダが見えるようになりました。

まずひと月できることろから始めて、明細を見たときの「よしっ」という小さな喜びが続けられるもとになると思います。

そのときは数十円数百円単位かもしれないですが、年間で見れば確実に「塵も積もれば山となる」です。

ただ、苦しみながら動くのは辛いだけですし、結局長続きもしないので、あくまでも楽しくできる程度で、「あぁ、これもったいないなぁ」という感覚を忘れずにやっていくのがこんな20代でも長続きできる秘訣かなと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
節約ちゃんねる
タイトルとURLをコピーしました