小さなことからコツコツと

スポンサーリンク
小さなことからコツコツと 生活
スポンサーリンク

どのような方法で生活費を節約したか

当たり前のことですが、電気をつけっぱなしなどしているのは非常にもったいたいことです。

それよりももったいないことはコンセントに挿しっぱなしの家電があるともったいないです。

普段あまり使わないトースターや電子レンジなどは使うときだけコンセントを刺すことを心がけると節約できます。

外出する前はほとんどの家電のコンセントを抜くことをお勧めします。

コンセントを抜くことがめんどくさい人は、ボタン1つで電源を切れるコンセントを購入しましょう。

 

月にいくらくらいの節約になったか

以前よりも1000円〜1500円節約になりました。

コツコツ節約術をやって良かった点、悪かった点

正直にいうと手間がかかる作業でありとても面倒くさいことでもありました。

はじめはこんなことで電気代がやすくなるのかと思っていましたが、いざ始めてみると月の節約代に驚きました。

しかも、私はボタン1つで電源を切ることができるタイプのコンセントでしたのでつけたり消したりすることが簡単でした。

節約をやってみると案外無駄な家電など出てきました。

それにより家の家電を売ったり捨てたりしました。

電気代を節約することを目的に始めましたが気づいてみると部屋の断捨離をしている自分がいました。

フリマなどで家電などを売ることができたので節約の上に少しお小遣いを増やせることができました。

もし、節約をしていなければお小遣いもなかったと感じています。

 

コツコツ節約術を続けるためのコツやこれから始める方へのアドバイス

 

小さなことからコツコツとやるには、ルーティンにすることが大切です。

無神経のときに節約を出来ることができれば完璧な節約主義者になれます。

そのおススメの方法は、やることリストを作成することや玄関に電気、コンセントなど目のつくところにキーワードを書くことで節約をすることが簡単になります。

また、消し忘れには必ず罪悪感を持つことでより節約に意識をもつで消し忘れを減らすことができます。

この罪悪感がなければ気にすることなくドンドンサボり節約がめんどくさいと思うようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
節約ちゃんねる
タイトルとURLをコピーしました